40代男の趣味探しガイド
一人で手軽に始めることが出来る40代男の趣味を管理人こつめが紹介します。

はじめに  趣味がないという悩みについて  趣味のはじめ方  更新遍歴  サイトマップ

2017年 注目している趣味
 ・スマホゲーム
 ・デイキャンプ
 ・山歩き
 ・渓流釣り
 ・レゴ
 ・読書

渓流釣り

多くの人が趣味としている釣り。管理人こつめは渓流釣りに興味があります。
渓流釣りの種類は大きく分けて4つになります。
 ・餌釣り 【いちばん身近な餌で釣る方法】
 ・テンカラ 【毛鉤釣りが手軽に楽しめます】
 ・フライフィッシング 【ラインの力を利用して毛鉤を遠くまで飛ばします】
 ・ルアーフィッシング 【スピーディーで手軽なルアー釣り】

渓流 餌釣り
渓流釣りの基本は餌釣りです。
餌になるのは渓流に生息している水生の昆虫です。
渓流に生息している魚が食べているものならなんでも餌に使うことが出来ます。
渓流の餌釣りは、餌と糸、針がれば手軽に釣をすることが出来ます。
シンプルな釣りだけにとても奥が深い釣りです。

渓流 テンカラ
シンプルな釣りの方法で初心者にも簡単に楽しめる釣りの方法です。
竿にラインと毛鉤の単純な釣りです。テンカラは、毛鉤で渓流の魚を釣ってみたいと言う人におすすめです。
毛鉤を水面に浮かせて釣りを行うので魚が毛鉤を食べる瞬間が見られます。
釣れる瞬間が見れるので餌釣りとは全く違う興奮が味わえる釣りです。

渓流 フライフィッシング
フライを飛ばすキャスティングはそれなりの練習が必要になります。
渓流でのキャスティングはあまり距離を必要としないのでそれほど難しくはありません。
フライフィッシングで大事なことは的確にフライを流すことです。
魚の頭上を上手に流すことが出来れば釣り上げることは間違いなく出来ます。

渓流 ルアーフィッシング
ロッド、リール、ルアーがあればすぐに始めることが出来ます。
ルアーを投げるキャストも何回か練習すれば簡単にできるようになります。
解禁から禁漁まで楽しく釣りが出来ます


渓流釣りを楽しむ場所
渓流釣りを楽しむ場所は川の上流になります。山の近くの川が釣り場になります。
イメージする山奥の岩場を流れる落差の大きな場所だけではありません。

釣りの季節は、春から秋です。3月から9月になると渓流釣りが解禁され放流もされます。
水質が良い川で流れがあれば何処でも渓流魚は生息し釣り場になります。

今は殆どの川で放流されているので生息域に変化が出てきています。
意外な場所で意外な魚が釣れる可能性があります。

渓流釣りは山奥に何時間もかけて入るイメージがあるかもしれませんがヤマメ、イワナは河川の広い範囲で釣ることが出来ます。


遊漁料について
多くの河川は漁業協同組合により魚の放流、環境維持がされています。
河川の管理組合は非営利団体のため、釣り人から料金を徴収し放流などの資金になっています。
組合により管理されている場所で釣をする場合には、遊漁券を購入し釣をすることになります。


渓流釣りの季節
一般的に解禁になるのが3月から9月の季節になります。
詳しくは漁業組合に確認しましょう。
産卵期を中心とした秋から冬の間を禁漁にする事により魚を保護することが目的です。
禁漁期間は釣り禁止になります。

3月は解禁されても水温が低いため魚が活発に動き回ることは少ない。
動きが少ないので、魚は水温が安定して水の変動が少ない安全な場所についていることが多い。

4月をすぎるとほとんどの川が解禁になります。水温が上昇し魚の餌になる虫の動きも活発になります。
餌の動きが活発になるので、水深が浅い場所で捕食するようになり魚の動きも広がります。
雪の多い地域では雪解け水で水の量も増え、水温も下がり餌の虫や魚はあまり活発には動きません。

梅雨になると長雨で川の水は増えるが餌も増えるので魚の活動範囲が大きくなりプラスの要因につながります。
水の量が増えるとミミズなどの陸に住んでいる餌も流されてくる効果もあります。

夏になると水温が20度近くになることがあります。
渓流の魚は水温が高い日中は影のある水温の低い場所でじっとしていることが多くなります。
水温が低く、日差しの弱い朝夕が一番釣りやすい時間帯になります。しかし水の量も減るので場所も限られるため魚の警戒心も高くなります。

9月以降は日没時間が早くなるので川の水温が低下していきます。
この時期は大型の魚も産卵のために行動する時期のため、大きな魚が釣れることもあります。


渓流釣りの川選び
渓流釣りを始めるときに革を選ぶ際手っ取り早いのは釣り情報誌の河川ガイドです。
地図も掲載されているのでとても便利です。場所がわかれば携帯のナビを使えば簡単に行くことが出来ます。
河川ガイドに掲載されている川は、渓流釣りが解禁直後にはハズレが少ないので頼りになります。
河川ガイドに掲載されているということは、それだけ多くの人が知っているということです。
解禁日から日が立つに連れて連れにくくなることが多くなります。

情報誌やインターネット以外で川を探す方法は人から直接聞くか、自分で探すかになります。
人から聞く場合は解禁日などに釣り場で地元の人と仲良くなっておくと周辺の穴場を教えてもらえることもあります。
情報が集まりやすい地元の釣具店で聞く方法もあります。


川に出かけるときは先を急ぎたくなるものです。
初めての川に暗いときに到着してもいいことは少ないです。
春先の川の水温が低いときは早朝でも魚の食いが悪いからです。
川に到着するのは明るくなってからで十分です。


渓流釣りのマナー
基本中の基本は、先行者優先ということです。
先に釣り場に入った人に釣りの優先権がありこの人を無断で追い抜いたりしてはいけないということです。
渓流釣りの基本は上流部へと釣っていくことにあります。
同じ渓流釣りを楽しむものとしてサワで挨拶をすることも大切です。
挨拶お同時に、釣りの情報も手に入るかもしれません。
何気ない会話が川の裏情報につながるかもしれません。


渓流釣りの注意点
渓流釣りは事故の多い釣りでもあります。
転落や転倒、落石、天候の急変などの他に野生動物との遭遇による事故もあります。
大物が釣れる場所は、登山、沢登りのテクニックが必要な場所が多いので事故が多くなります。
自分の技術を過信しすぎないことが大切です。

山の天気は非常に変わりやすいので晴れていても急に雨になることもあります。
雷雨の増水は非常に危険です。増水で川が渡れず帰れなくなることもあります。

渓流釣りに行くときは普段から天気予測を詳しく聞いておくこと。
雷雨の危険があるときはあまりお口に入らないことが大切です。
中流部では雨がふらなくても、上流では雷雨ということがあるからです。


渓流釣りと防虫剤
渓流には沢山の虫がいます。虫が多いので魚の餌になります。
虫が多ければ魚の餌が多いので良い釣りが出来ると期待が膨らみます。
しかし虫の中には近寄ってきてほしくない虫もいます。ヤブ蚊やブユなど人間の血を吸う虫です。
釣りに夢中になり気がついたらボコボコに血を座れていたというのでは悲しいことになります。
防虫剤が多数市販されているので釣り場に立つ前にスプレーをしておきましょう。
吊り下げ式の蚊取り線香やベープなどの上手に使用しましょう。


渓流釣りの歩き方
透明度の高い渓流で魚は常に水面を見ています。
流れてくる餌を待つことが生活になるので自然に上流に注意を払っています。
目の前に人の影が現れたら魚が驚くのは当然です。
川を覗き込める位置に立った時点で魚にも人間が見えているということになります。

渓流釣りでは自分の姿を魚にさとられないようにすることが大切です。
川からできるだけ離れた位置を取り上流に向かって釣って行くのが基本になります。


渓流釣りの小道具

偏光グラス
偏光グラスは水面の乱反射をおさえるサングラスです。
微妙な底石の状態を確かめるためにも必要なものです。
偏光グラスは安いものから高いものまで色々発売されています。
レンズの種類はプラスチックとガラスがあります。主流はプラスチックです。
プラスチックは軽くて疲れにくいので良いのですが、傷がつきやすい欠点もあります。
偏光効果のあるものはある程度レンズの色が濃くないと期待はできません。
色がうすすぎるものは多少効果が落ちてしまいます。

玉網
大物の渓流魚を狙うときには欠かせないものです。
小さな見し鳥網のような形で、網の部分は直径30センチぐらい、グリップは太めで長さが40センチぐらいになります。
渓流で使う玉網は小さく仕舞うことが出来るワンタッチタイプのものがおすすめです。
ワンタッチタイプの玉網は使わないときは小さくたためて専用のケースに入れておくことが出来るからです。
大物が釣れたときだけ使用することが出来ます。

雨具
春先の渓流は気温が低いことが多いので防寒用に厚手の雨具を着込んで釣をすることも多い。
夏場になると気温も上がるので雨具は軽くてしまいやすい物を使います。
下半身はウエーダーを使用しているので上半身だけでも問題はない。

渓流用ベスト
仕掛け類やはさみ、ラインなどん小物類をすべて収納出来るものが使いやすい。
ポケットの多い渓流ベストが使いやすく、破れにくい丈夫なものを選ぶようにしたい。

デイバック
渓流ベストのポケットなどに入り切らない荷物はデイバックに収めます。
水や弁当、雨具、カメラなどをしまっておけるサイズのもので15リットル前後の容量があれば1日分としては十分の大きさになる。







ブックOFF 100円商品 読書 >読書

ブックOFFで必ず見るのが100円商品の棚。購入も100円か200円の本だけです。
どうしても欲しければ200円以上でも買いますが、基本的に買いません。
100円、200円でも名作が手に入るので最高ですよね。
読んだあとも気兼ねなく捨てられます。
タバコは吸いませんが、タバコよりも安い値段で手に入るんですよ。最高。


陰陽師 100円
夢枕獏さんの陰陽師。短編お話ですが、読んでいくうちにはまった。
基本的なストーリーは、晴明の屋敷で博雅と酒を飲んでいると問題がおこり解決する。
これの繰り返しですが、なんとも言えない中毒性があります。

バーティミアス 100円
10年以上も前の本。600Pの児童書。ハリポタのライバル的なことがあとがきに書かれていた。
この後2巻発売されるらしい。回収されていない伏線がいくつかあるので続編で解消されるようです。
最後の50Pはドキドキでしたが、思い返すと最初からおかしな設定のような気がする。
初めての召喚で、主役級の魔物を召喚できるものなのか?。

しゃばけ 若だんなシリーズ 200円
病弱若旦那が活躍するお話です。しゃばけが1巻ですが6巻から読んでいます。
ショートストーリーの短編ですが、過去の話のことも少し出てくるので順番に読んだほうがより楽しめるかもしれません。
残りのシリーズも200円で売られていたので購入しようかと思います。

グランブルーファンタジー 100円
15年発売のまだ新しい小説です。大人気ゲームの小説。
王道のヒロイックファンタジーです。
中古なので付属のシリアルコードはありませんでした。


スマホゲームの削除について >スマホゲーム

無料でダウンロード出来るスマホゲーム
面白いゲーム、つまらないゲーム、内容様々です。
長期間継続されているゲームは、支持もあり、課金収入もあり、面白いゲームばかりです。

どれだけ遊んだスマホゲームも削除すれば、基本的にデータは失われます。
1日でも1年でも同じことです。

飽きたゲームでも長く遊んだゲームはできるだけ削除しないほうがいいですね。
2年ほど遊んで削除したパズドラ。また再開しましたが、削除を猛烈に後悔しています。

面白いゲームでしたが、サーバーが不安定でフリースするゲームが有りました。
2ヶ月ほど遊びましたが我慢しきれず削除しました。
最近偶然目にしてインストールしたところ、サーバーが落ち着いているだけでなく、ものすごい改良が加えられていてとても面白いゲームになっています。
前のデータには、強化したレアなアイテムが多数あっあと思うと悔しくて仕方がありません。
はー、なんで消したのだろう。

そこそこ楽しめたスマホゲームは消したらだめですね。
消すならいつでも復活できるようにしておかないとだめですね。



寒い日は読書が一番 >読書

朝から雨の休日。以前なら山に行けなくてイライラしていましたが今は違います。
朝からBOOKOFFで本を購入してきました。数年前の本が100円で手に入るので嬉しい限りです。
読んだことが無い小説、自己啓発、などなど面白そうな本を大人買いです。
読書ブランクが10年以上あるので読む本に困ることはありません。
職場的にも新作情報が求められるところでもないので楽しんで読書ができます。
最新の情報が必要なければ新作に拘る必要はないと思います。


100円で【本は10冊同時に読め! 】を購入して読んでいます。
本によると、管理人こつめは庶民的な普通の読み方でただの働き蟻で満足しているようです。
アマゾンの評価も割れているので万人にお薦めはできません。管理人こつめもたまたま100円コーナーで見かけたので購入しました。内容的には管理人こつめの本選びを批判されているところもありました。

どのページも無理やり【超並列読書】に持っていっている感じがします。
速読の本かと思いましたが、内容は作者の読書に対する思いを伝えた本です。
読書が好きなら読んでもたら面白い本です。読書好きな人の意見がわかります。

作者によると、40代で働き蟻は、すでに遅いので読書しても無駄らしい。
こんなことが書かれていたら批判されてしまいますよね。

共感できるところもたくさんあります。名作についてとか、プレジデントの読む人とか。
管理人こつめも、【だから読んでもしっくりしなかったのね】と思ってしまいまし。
著者が紹介している本は今まで聞いたこともない本なので探してみようかと思います。
定価では買いたくないのでブックOFFで出会いたいものですね。

作者はお金持ちなので本は捨てないらしい。家も別荘もある。地下室まであり蔵書は3万冊以上らしいです。
管理人こつめは本に執着しないので売れそうなら売りますが、素が100円の本なので捨てます。
読みたくなればまた買えばいいだけですから。

一つだけ言えることは、読書はプラスにはなるがマイナスにはならないこと。
低予算で出来る誰でも簡単に始めることが出来る趣味だということです。



【はじめに】 【サイトマップ】 【よくある質問】 【更新遍歴】 【趣味雑記】
【趣味がないという悩みについて】
プラモデルネットゲームデイキャンプレゴ自転車スマホゲーム断捨離 ゴミ捨てコイン 切手紙飛行機作り折り紙園芸 ガーデニング料理 おかし作り漫画 アニメ 読書歴史 三国志小石拾い買い物 ショッピング筋トレ ダイエット城と歴史探検犬 猫 ペット飼育筆ペンで水墨画イラスト古本ハンティング車 歴史 ゴルフタバコ 葉巻パチンコ パチスロ色紙で切り絵アート自宅でそば打ちカスタムナイフと刃物買い物 ショッピングヤフーオークションガチャポン 食玩 集めバルーンアートミニ四駆HP ブログで情報発信音楽鑑賞パルクール陶芸読書ドローンレース渓流 餌釣り渓流 テンカラ渓流 ルアーフィッシング

Copyright(C)  管理人:こつめ All Rights Reserved
40代男の趣味探しガイド